訪問介護(ホームヘルプ)事業ガイド

【完全無料】フランチャイズ企業の資料を一括資料請求

ケアマネージャーが作成したプランを基にホームヘルパーがご利用者様のお宅を訪問し、食事、入浴、排泄介助などの身体介護サービスや、調理、掃除、洗濯などの生活援助サービス、通院等乗降介助を行う事業です。

特徴

訪問介護事業(ホームヘルプサービス)は、介護事業の中では比較的低予算ではじめることができます。要介護認定を受けた利用者の自宅を訪問してのサービスであるため、大きな施設が必要でなく、既存の施設や事務所でもはじめられるなど、異業種からでも参入しやすい事業といえます。

申請基準

申請者

法人

人員基準

従業者
訪問介護員を常勤換算で2.5名(サービス提供責任者を含む)以上配置すること。
訪問介護員は介護福祉士、介護職員基礎研修修了者、ホームヘルパー1~2級取得者、看護師及び准看護師
※看護師及び准看護師は都道府県知事発行の1級修了証明証が必要
サービス提供責任者
  • 訪問介護員等の中から訪問介護の職務に従事する常勤者が利用者が40人又はその端数を増すごとに1人以上配置されていること
  • 上記の利用者の数は、前3月の平均値(新規指定の場合は推定数)によることとする
  • 介護福祉士、実務研修修了者、介護職員基礎研修課程修了者、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級(実務経験3年以上かつ従事日数540日以上)取得者で、原則として常勤の者。
※ホームヘルパー2級取得者の場合は、介護報酬から10%減算となります。
管理者
専従・常勤で1名。ただし、訪問介護員との兼務、及び業務に支障がない場合は他の事業の管理者又は従業者との兼務可。

設置基準

  • 事業を行うために必要な広さの専用区画を有すること。
  • 必要な設備及び備品を備えること。

運営基準

厚生省令第37号を参照

経過措置

なし

法人所轄庁との関係

事業実施に係る登記(変更登記を含む)がなされているか又はなされることが確実であること。

【完全無料】フランチャイズ企業の資料を一括資料請求